QLOOKアクセス解析
ワンピース 偉大なる航路(グランドライン)シャボンディ諸島の詳細 トップページに戻ります
シャボンディ諸島のページです

シャボンディ諸島

ワンピース 偉大なる航路(グランドライン)シャボンディ諸島と、各グローブで登場した、人間オークション、シャボンディパークなど登場巻話、英語表記などを紹介しています。

シャボンディ諸島

名称 シャボンディ諸島
英語表記 ■Sabaody Archipelago ■Shabondy Archipelago
登場巻話 51巻496話
役割・その他
■シャボンディ諸島は世界一巨大な "ヤルキマン・マングローブ" と呼ばれる樹の集まりの上に建物などが建っているので、正確には島ではなく巨大な樹の集まりです。

■樹の集まりなので磁力が無く、ログポースは反応しません。なのでシャボンディ諸島の近くに居ても、針はシャボンディを無視して魚人島を指すようです。

■すごく平らな樹が1本あるのではなく、79本もの樹が同じような地帯に密集しているのがシャボンディ諸島で、その樹は "グローブ" と呼ばれていて、10グローブずつの区域に分けられています。グローブからグローブへは橋が架かっています。

■ヤルキマン・マングローブの根っこからは特殊な天然樹脂が分泌されていて、樹の根っこが呼吸する時、樹脂が空気で膨らんで、それがシャボン玉みたいな形状で浮びます。って知ったような顔で書いてますが、ヒトデのパッパグさんの説明です。

■船を丸ごとコーティングして、深海へ潜れるようにする技術は、ヤルキマン・マングローブから出る強い樹脂のシャボンで出来ています。

シャボンディ諸島 1〜29番グローブ(GR)

51巻498話で、はっちゃんの説明で見せてくれた地図を参考にして、シャボンディ諸島で登場した、1〜29番グローブ(GR)にある施設を紹介します。

1〜29番グローブは無法地帯と化していて、人間オークション絡みの施設、人攫い業のアジトなどがあり、ルーキー同士の小競り合いや、麦わらの一味vs黄猿、戦桃丸、くまなどの戦いもあった場所です。

人間オークション会場 / 1番グローブ

名称 人間オークション会場
英語表記 ■Human Auctioning House
■Human Auction House
登場巻話 51巻500話
役割・その他
■1番グローブの "人間オークション会場" では、競売にかけられたケイミーを救うために、麦わらの一味が集まりました。その後シルバーズ・レイリー、キッド海賊団、ハートの海賊団といった豪華な顔ぶれが集まり、ワッショイワッショイ!祭だワッショイ!になりました。

■そんな人間オークションは、ドフラミンゴが元締めですが、現場の指揮はディスコさんが任されていました。

ハウンドペッツ アジト / 8番グローブ

名称 ハウンドペッツ アジト
英語表記
登場巻話 52巻506話
役割・その他
■8番グローブには人攫いチーム "ハウンドペッツ" のアジトがあります。リーダーはピーターマン。

■そんなピーターマン率いるハウンドペッツはケイミーを攫った犯人達ですが、後にトビウオライダーズ(人生バラ色ライダーズ)のデュバルさんにボッコボコにやられます。

シャッキー'S ぼったくりBAR / 13番グローブ

名称 シャッキー'S ぼったくりBAR
英語表記 Shakky's Rip-off Bar
登場巻話 51巻498話
役割・その他
13番グローブにはシャッキーが店主の "シャッキー'S ぼったくりBAR" があります。シャボンディ諸島に着いた麦わらの一味は、ハチの案内でまずこのお店に来ました。そしてシャッキーからルーキー達の情報を知ります。

港 / 27番グローブ

名称
英語表記
登場巻話 52巻506話
役割・その他
60番台の区域に海軍が駐屯していて、政府の出入りもあるようなのですが、海軍の船はこの27番グローブの港付近から来て、大砲の球に乗って黄猿さんがシャボンディ諸島に入りました。

シャボンディ諸島 30〜39番グローブ(GR)

ここからは30〜39番で登場した施設なんぞを紹介しています。30〜39番グローブはショッピングモール、遊園地のシャボンディパークなどがあります。

ショッピングモール / 30番グローブ

名称 ショッピングモール
英語表記
登場巻話 51巻500話
役割・その他
船のコーティングの件でぼったくりBARを目指し、途中までルフィ達と行動していたナミとロビンですが、自分達の買い物?のため、この30番グローブにあるショッピングモールに向かいました。

シャボンディパーク / 32・33・34番グローブ

名称 シャボンディパーク
英語表記 ■Sabaody Park ■Shabondy Park
登場巻話 51巻499話
役割・その他
■人間のみならず、魚人族の憧れの場所になっている遊園地のシャボンディパークで、ルフィ達はしこたま楽しみましたが、気を許した時、ケイミーをピーターマン率いるハウンドペッツに攫われてしまいます。

■遊園地なだけあって敷地が広威なのか、32・33・34番グローブの3つを大胆に占領しています。

シャボンドーム / 33番グローブ シャボンディパーク内

名称 シャボンドーム
英語表記 Sabao Dome
登場巻話 61巻598話
役割・その他
2年後ブルックが、大スター "ソウルキング" となり、ワールドツアーのファイナルを行った会場がシャボンドームです。
シャボンドームは、シャボンディパークの敷地内 "33番グローブ" に建てられています。

ホテル街 / 35番グローブ

名称 ホテル街
英語表記
登場巻話 51巻497話
役割・その他
■ロビンの台詞で35番グローブはホテルが多い!と判明し、その後にはっちゃん、パッパグの解説をいただけました。でも、はっちゃんが見せてくれた地図には "70番区域がホテル街" と書かれているんですね。膝をついてやりすごして見過ごしましょうか。

■新世界へ行くために、船をコーティングして魚人島を通過するコースではなく、マリージョアの通行許可をもらって新世界へ行く船乗り達がホテルを利用するようです。

■ホテルを造るのは簡単らしく、ヤルキマン・マングローブから出る大きなシャボン玉(樹脂)に合金を塗ったら基盤が出来るようです。

シャボンディ諸島 40〜49番グローブ(GR)

ここからは40〜49番グローブで登場した施設なんぞを紹介しています。40〜49番グローブは観光にまつわるお土産屋のお店などがあります。隣同士ということもあってか、若干30〜39番グローブと似てる感じの区域ですね。

ボンチャリのレンタル屋 / 40〜49番グローブ

名称 ボンチャリのレンタル屋 ※正式名称は不明ですが、ボンチャリをレンタルで貸し出ししていたお店です
英語表記 Bon Chari
登場巻話 51巻497話
役割・その他
このボンチャリ屋、何番グローブにあるか不明なのですが、51巻498話で、はっちゃんが見せてくれた地図に、上陸してから進んできた矢印があるんですね。

この矢印と進んできた描写を見ると、サニー号を41番グローブに着けて40番の区域を進み、30番の区域を通過中にナミとロビンが別行動で離れて、10番区域の13番にあるシャッキーの店に到着します。

なので、ボンチャリの店は40〜49番グローブの観光区域にある!と想定して記載しています。違ってたらすみません!

グラマン屋(偉大なる航路饅頭) / 40〜49番グローブ

名称 グラマン屋(偉大なる航路饅頭) ※正式名称は不明ですが、作中の台詞説明と、店に "Antonio's GRAMAN" とあります。グラマンは通称です。
英語表記 Antonio's GRAMAN
登場巻話 51巻497話
役割・その他
■店員が多分アントニオさんって名前なんだと思います。

■このお店の売りは "偉大なる航路饅頭" 通称グラマンですが、グラマン以外にもグラせん(多分せんべい)グラチョコ(多分チョコレート)もあり、キーホルダーやペナントも売っています。

■グラマンには "グランドライン前半(ファーストハーフ)" と書いてあり、新世界へのお土産に大好評!3ヶ月は日持ちするから安心!って店員さんが言ってました。

シャボンディ諸島 50〜79番グローブ(GR)

50、60、70番区域は、はっちゃんの地図には書かれていましたが、その区域の描写は作中ではなく、お店などの施設も登場していないかと思いますが、内訳を記載しておきます。

50番グローブには造船所があったり、コーティング職人がフラフラ居るようです。

60番グローブには海軍が駐屯していて、政府の出入があるようです。ただ、黄猿さんは27番グローブの港から特攻してきました。

70番グローブにはホテル街などが集まっているようです。ただ、35番グローブもホテルが多い描写がされています。

はっちゃんが地図を見せてくれた時「何が決定してるわけでもねェけど… そういうのが多いぞっていうやつだ」と最初にフォローが入っているので(笑)地図の区域説明はおおよそで、絶対ということはないんだぜ!ということですね。


トップページへ戻ります
偉大なる航路(グランドライン)で登場した、島・国などのページへ戻ります
このページの先頭へ行きます

My Jolly Roger

About Me

▼HN:シャチ
▼好きなもの:ONE PIECE、キッド海賊団、海賊旗やマークを描くこと、ギター、DTM、Rock、サッカー

▼サイトで使ってるソフト
ez-HTML
Inkscape
FireAlpaca

▼SNS
Twitter (@Logpose)